活版印刷 オプション

活版印刷のオプション一覧です。デザインや仕様によってはとても効果的な場合も御座いますので、是非ご検討下さいませ。
なお、下記のオプションはデザインによって必要、不要の判別をする必要がありますので、ご希望の際は一度デザインデータを確認させて頂ければと思います。
また、有料オプションとなりますので、こちらからは基本的にご案内はしませんが、より高品質な印刷や強い凹み感をご希望の場合はお気軽にお問い合わせくださいませ。

【二度刷り】

その名の通り同じ絵柄(文字)を二度印刷します。二度刷りすることで紙面へのインク皮膜厚が増え、より鮮明なインキ発色、カスレの防止などに効果的です。下記のようなご要望をお持ちでしたら是非ご活用下さい。

■出来るだけ掠れないで印刷してほしい。

活版印刷は太い文字やベタ柄部分などの面積が広い箇所は掠れが出やすくなってしまいます。
紙面へのインキ皮膜を増すことでカスレの解消に効果的です。

■印刷色の発色をよくしたい。

例えば墨印刷でもより黒々とした黒にしたい場合や蛍光色などでより発色を強くしたい場合などに効果的です。

【二度付け】

通常の活版印刷ではインキローラーが版上を1往復して紙にインキを転写します。二度付けでは版上にインキローラーを2往復させます。そうすることでインキ皮膜を増加させ、より品質の高い印刷が可能です。
「二度刷り」と「二度付け」は似たような効果が得られますがどちらの方法がよいかは目的やデザインによりますので、データをお送り頂ければどちらの方法が最適かご案内させて頂きますのでお気軽にご相談下さいませ。

なお、ベタ面や白抜きなどのデザインでインキの使用量に対し、供給が足りずに絵柄がダブったように印刷されてしまう場合があります。(ゴースト)このようなデザインの場合、二度付けが必須オプションになります。

【二度目押し】

活版印刷は凹凸の付いた版にインキを乗せ、紙に版を押し付けます。その圧力で印刷と同時に印刷部分に少し窪みを付けることが出来ます。窪みを付けることで文字に立体感が生まれ、生き生きとした文字が出現します。
通常は印刷と同時に凹みを付けるのが基本ですが、二度目押しオプションでは一回目の印刷で凹みを付けずに印刷し、二回目のプレスで空押し(紙を凹ませる加工)をします。

何故そのようなことをする必要があるかといいますと、インクを盛ったり、印圧を強くするとマージナルゾーン(*)がより多く出現してしまいます。マージナルゾーンは凹みの段差を隠してしまう場合がありますので、一回目の印刷で極力マージナルゾーンを出さずに印刷し、二回目の空押しでしっかり凹みをつけることで視覚的な凹み感がより得ることが出来ます。
ですので、より凹み感を演出したい場合には二度目押しは非常に有効です。

(*)マージナルゾーンとは印圧により文字や絵柄のフチ部分にインクが溢れて濃くなる現象を言います。
マージナルゾーンは文字にシャープな印象を与える一因であるともいわれ、活版印刷が好まれる要素でもあります。
一方、活版印刷による凹み感を演出する際にはマージナルゾーンが凹凸の段差を塞いでしまい、凹み感が損なわれるマイナス要素となってしまう場合があります。